こどもを健やかに育てる教育とは

こどもの教育って何が一番重要なんでしょうか。。

こどもの教育に何がいるのか? 親の立場からみると、一生の問題だと思います。

仮に、自分のこどもにあまり愛情がなければ、怒ることも、優しく諭すことも、すべて出来ないと思うのです。 はっきり言うと、心の無いのない両親のもとでは、健全なこどもが育たないと、思います。

まずは、勉強面ですね。 生活上でのルール、一般常識を教えるのもひとつの教育だと言えます。

よって、親の考え方によって、教育のやり方も違ってくるではないかと思ってます。

だからこれが、普通の教育のやり方というのはありません。

過保護だと、自分からは何もやらないこどもになりますしし、叱りつけるだけでは、こどもは反抗する一方です。

こどもは、生身の人間です。 機械ではありません。

愛情をもって接すれば、こどもも返してくれるものです。

その証拠に話せない、赤ん坊だって、お母さんの気持ちを汲み取っています。 それだけ、子どもの心はシビアなんです。

ここでは、子どもの教育とは何か? の前に、まずは、こどもの心と触れ合ってみるということです。

逆に、親がこどもに教わる事もあるくらいです。

こどもにも、各個性があります。 仮に勉強ではイマイチでも、料理が上手だったり、心が優しかったり等。 いろいろ発見することが多いと思います。

教育ナビ